小林靖彦の公式ブログ

menu

小林靖彦'sブログ

LINEとメルマガの書き分け問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

Udemy起業プロデューサー
小林靖彦です。

LINE公式アカウントやってるけど

「メルマガもやってみたい!」

はたまた、、

メルマガやってるけど

「LINE公式アカウントもやってみたい」

っていう方たちから

よく頂く質問。

「LINEとメルマガは
どう書き分ければ良いですか?」

ってのがあります。

これ。

私も過去に悩んでいた時期があります。

でもですね。

今は、1mmも迷うことなく

こう答えます。

「一緒でイイっすよ」
^^^^^^^^^^^^^^^

「LINEの原稿をコピペしましょう」

もしくは、、

メルマガやってる人なら

「メルマガの原稿を
LINE公式でも
そのまま使いましょう」

、、、と答えます。

でね!

こぉーいうアドバイスをすると

必ず、返ってくるリアクションが

「読者に手抜きって思われたら
イヤだなぁ~」

「なぁ~んか
うしろめたいなぁ~」

、、、です。

でもですね。

コレ、本当にそうなんでしょうか?

ちょっと想像してくださいよ。

私はMr.Childrenが大好きで

テレビで新曲がながれた直後に

ラジオで流れてきても

嬉しい!と思って聴きますし、、

ホントに気に入ったら

ストリーミング再生したり

iPhoneに音源いれて聴きますよ。

コレって、、

全く同じ曲

寸分たがわぬ同じ音源を

違うメディアで視聴してますが

なんか問題ありますか?

コレって、、

Mr.Childrenは

“手抜き”をしてるんでしょうか?

彼らは

“うしろめたさ”を
感じる必要があるのでしょうか?

んなわけない!ですよね?

ようするに、、

LINEとメルマガで

原稿をかき分ける必要がないってのは

こぉーいうこと。

すると今度は、、

「じゃ、複数のメディアで
同じの書くことに意味なんてあるの?」

「やる必要なくね?」

って感じる方もいるみたい。

でもですね。

コレ、ぜんぜん”意味ある”と思ってます。

なぜかというと、、

・メルマガ

・LINE公式アカウント

それから、、

・Instagram

・フェイスブック

など。

ありとあらゆるメディアで

同じコンテンツを発信するのは

“受け手”の利きメディアの違いですよ。

たとえば、、

ふだんLINEをメインで使う人なら

LINEに、あなたのコンテンツが

ながれてきたら、、

パパっとチェケラしてくれやすい。

はたまた、、

私のようにPCメールを

主体として使う人間ならば

“メルマガ”の方が

じっくり読めて好きです。

一方で、、

Instagramみるのが好きで

ちょっとした写真や

イラストと一緒に

コンテンツを楽しみたい方は

Instagramで

あなたのコンテンツを

チェケラする、、、です。

それだけのことです。

なので

複数メディアで

コンテンツかぶっちゃいけないんじゃないか?問題

、、、に対する

私からのアドバイスは

“大いに使いまくりクリスティしよう”

、、です。

自分のコンテンツは

使って、使って、使って、使って

使いまくってナンボ、、です。

というわけで

今日の結論。

LINEもメルマガも同じでOK!

細かいことは

気にする必要はナッシング。

あとは読者さんが

好きなように好きなメディアで

あなたのコンテンツを楽しむだけ、、です。

参考まで。

ほんじゃー、また。

あでぃおす。

From:小林靖彦

この記事を書いた人

小林靖彦
小林靖彦サクッと書いてボカンと売れるイージーライティングの専門家
コーチ、コンサル、セラピストなど一人起業家に、、商品・サービスの”真の価値”が伝わり、売上UPする”メッセージ”の書き方を教えています。
→ もっと詳しいプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事