小林靖彦の公式ブログ

menu

小林靖彦'sブログ

後悔最小化のフレームワーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

THE 小林靖彦です。


ところで・・


あなたが

これまでに

“後悔”したことって

一体、どんなものですか?


「あの時にちゃんと思いを伝えていれば・・」

「あの時、あの提案にOKしておけば・・」

「あの時、ウン!って返事しておけば・・」



大きな後悔から

小さい後悔まで

思い出せば、いろいろあると思います。



100人いれば

100通りの”後悔”の経験が

あると思います。




ちなみに私が

直近で思いつくのは・・・



昨年、がんで亡くなった父と

「もっとハナシたかったナ」

「どっか遊びにつれてってあげたかったな」

「ちゃんとコトバで感謝を伝えたかったナ」

、、とか

思いました。



でね!

今日、紹介するのは



“Amazon”の創業者

ジェフ・ペゾスさんの

フレームワークです。



果たして

どんなフレームワークなのか?

というと、、

+—————+

“80才”になった自分が
^^^^^^^^^^^^^^
 人生を振り返る姿を想像してみよう
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
+—————+
、、というもの。



これを

ペゾスさんは

“後悔最小化フレームワーク”

(Regret Minimization Pramework)

、、というそうです。



本質的には

時間軸を大きくしてみて、、


年老いて

身体の自由がきかなくなったり

出来ることや

可能性が

若かりし頃より

グググぅーーーって

狭まってきた時をイメージしながら、、



「ホントにソレ
 重要なことなの?」

って問いかけてみることなんだと思います。




余計なものを

どんどん削ぎ落としていって

“最後に残るものは何なのか?”

、、、って

考えることだと思います。



で!ですね。

今日の私が

何を伝えたいのか?

というと、、



Amazonの創業者

ジェフ・ペゾスさんの

“後悔最小化フレームワーク”が

まじ、やべぇ~よ!

激アツだよ!

、、みたいなハナシを

したいわけじゃぁないんですよ。



じゃ、何が伝えたいのか?

というと、、

“誰が語るか?だいじ”
^^^^^^^^^^^^^^
、、です。


どういうこと?

って感じた方のために

もうちょっと詳しく解説すると、、



たぶん今回、紹介した

ジェフ・ペゾスさんの

“後悔最小化フレームワーク”

、、、って

ぶっちゃけ

「こっ!これはすげぇーーー(゚д゚)!」

っていうものでは

ないと思うんですよ。



“考え方”としては

どっかで

別の誰かも言ってた記憶があります。



でも、こーやって

“ジェフ・ペゾスさんの・・”
^^^^^^^^^^^^^^

っていう

前提がプラスされた途端に

「なんか凄そう!」

「価値がありそう!」

「聞いておいた方が良さそう!」

って

感じたハズ。



ですよね?




少なくとも

私は、そう思いました。



そのヘンの”おっちゃん”が

言ってるコトバとは

わけが違うよなぁ~。


コトバの重みが違うよなぁ~

って感じたはず。



これは

“誰が語るか?”

っていう要素が

ジェフ・ペゾスさんだから、、です。



つまり

“誰が”っていう要素は

“価値がある”んです。



だからもしアナタが

あなの商品・サービスに

“価値”をプラスしたければ

“あなた”という価値を

プラスすることを

おすすめします。


積極的に

“アナタ”を発信しよう!


っていう

ハナシをすると

「そのやり方がわからないんだよぉ~ぅ」

っていう

リアクションが返ってきます。



ごもっとも、、、です(*´∀`*)


そのヘンについては

また別の機会にお伝えしますが

まず、今日

覚えておいて欲しい結論は・・


“誰が語るか?”が大事なんだぜ!
^^^^^^^^^^^^^^
、、、です。



ぜひ、意識してみて下さいナ



ほんじゃー、今日はこの辺で。

また。



あでぃおす。

この記事を書いた人

小林靖彦
小林靖彦サクッと書いてボカンと売れるイージーライティングの専門家
コーチ、コンサル、セラピストなど一人起業家に、、商品・サービスの”真の価値”が伝わり、売上UPする”メッセージ”の書き方を教えています。
→ もっと詳しいプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事