小林靖彦の公式ブログ

menu

小林靖彦'sブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From:小林靖彦
@横浜の事務所から

昨日のメール。

過去最大級の
批判を頂きました。

あ、コレのことです。
 ↓
https://www.facebook.com/kobayasuu/posts/1613925808617596
*クリック後、Facebookページにジャンプします。

というわけで
今日は、つつしんでお詫びを、、、

いたしませんっ!!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


あ、べつに、、

私は、ご意見頂いた方を
否定するわけじゃないですよ。

意見を、なんでもかんでも
完全却下するつもりもありません。

「あ、なるほどね」

「ここまで行くと、やり過ぎかぁ」
(昨日のは、コレですね^^;)

「なぜ、この人は
そこまで怒るんだろ?妖精?」
(*妖精は文末で解説しますw)

とか、思いながら
ありがたく読ませて頂いてます。

あ、そうそう。

前置きが
ずいぶん長くなりました。

今日は「批判」を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
テーマにお話します。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

情報発信をスタートしたばかりの
起業家さんから頂く相談で

「顔出し」に
次いで多いのが、、

「批判されたらどうしよう?」
「怒られたら嫌だな」
「怖い想いしたくないナ」

っていうものです。


「顔出し」に次いでっていうか
「顔出し」とセットの悩みなのかも。

まぁそれはさておき、

「批判」に対して
すっごく恐れる人多いんです。


当然、過去の私も
めっちゃ恐れてました。

そりゃもぅ、
生まれたての子鹿のように
ビビりまくってましたよ。

でもですね。

おっかなビックリしつつも
長年続けているうちに、

完全に”心配無用”
ということに気づきました。

その理由は3つ。

◆そもそも読まれてない
◆無理に付き合う必要はない
◆間違ってたら謝ればOK

です。

1つずつ順番に
解説していきますね!

+————————+
◆そもそも読まれてない
+————————+

まず1つ目は
「そもそも読まれてない」です。

これは、
喜ばしいのか?
哀しいことなのか?

若干、受け止め方に
迷うところですが、、

あなたのブログ記事や
メルマガって
そもそも読まれていません。

アクセス解析を見て頂くと
哀しいほど、少ない数字のはず。

まして”アメブロ”なんかだと
自動プログラム巡回の数字も
含まれちゃってますから、、

あなたが見ている数字の
半分以下なんてことも
当たり前の世界。

読まれてない → 怒る人自体存在しない

という
哀しい図式が成立します。

砂漠のど真ん中で
何を言っても怒られないのと一緒。

だから、批判を恐れず
ガンガン動き出して欲しいです。

+————————+
◆無理に付き合う必要はない
+————————+

読者が多かろうが
少なかろうが、、

運悪く変な人が
紛れ込んでくるケースがあります。

そんな時に
「せっかくの読者さんだから
キチンと対応せねば、、」

っていう義務感を
持っている方って多いです。

でもですね。

誤解を恐れずに
言わせてもらうと、、

無理して対応する必要ないっすよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

べつに、相手の方が
良いとか悪いとか
そーいうことじゃないんです。

ただ単に、
あなたと価値観が合うか?
合わないか?

それだけ。

んでもって、
価値観が合わないなら
丁重に、退場頂けば良いだけです。

Facebookなら”ブロック”。

ブログのコメントなら
”削除”&ブラックリスト行き。

メルマガなら
”解除”&ブラックリスト。

これでOK!

あなたのメディアは
あなたのメディアなんですよ。

あなたの王国です。

暴君になってはダメですが
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
価値観合わない方は、
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
丁重に出ていってもらえば良いだけですよ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

+————————+
◆間違ってたら謝ればOK
+————————+

・ブログ
・メルマガ
・Facebook
・Twitter

いろんなメディアで
情報発信していくうちに、、

時に、間違ったことを
言ってしまうことがあります。

私も、あります。
(たぶん)

そんな時は
ちゃんと謝ればOKですよ。

ブログなら修正すればOKです。

メルマガならば
流れていっちゃうので、
ブログなどで訂正&補足すればOKです。

ようするに
ちゃんと対応すれば良いんです。

間違いは
ちゃんと正せばOK。

人生は、一回こっきりですが、、

一度も間違いをせずに
生きている人なんて居ません。

一度も、他人に迷惑かけずに
成功する人なんて居ません。

誰だって間違うんですよ。

だからアナタだって
間違っていいんです。

一番、マズイのは
伝えたい事や
想いがあるのに
ビビって何も言わないこと。

自分の頭の中の世界だけで
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
ぐるぐるしていること。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そんなの、もったいない!

ってのが私の価値観。

というわけで
今日の結論です。

情報発信する際に
「批判」に対してビビる人
めっちゃ多いんですが、、

◆そもそも読まれてない
◆無理に付き合う必要はない
◆間違ってたら謝ればOK

だから気にする必要なし。

それよりも
まずはアナタの想いを優先しようぜ。

あでぃおす。

From:小林靖彦


P.S.
昨日、頂いたご意見の中で
すっごく素敵だなって思ったのが
あったんですよ。


「小林さん、今日の下ネタは
女子にはウケないでーす」
 ↑
こーいうの。


怒るでもなく、
笑うでもなく
やんわり教えてくれる。

こーいう女性って
本当に素敵だなって思いました(・∀・)

P.P.P.S.
「妖精」のくだりですが、
ドイツでは、、

30才過ぎても童貞の男性は
”魔法つかい”と呼ばれ、、

40才を過ぎて童貞の男性は
”妖精”と呼ぶようです。

間違ってたらすみません(笑)

この記事を書いた人

小林靖彦
小林靖彦サクッと書いてボカンと売れるイージーライティングの専門家
コーチ、コンサル、セラピストなど一人起業家に、、商品・サービスの”真の価値”が伝わり、売上UPする”メッセージ”の書き方を教えています。
→ もっと詳しいプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事