小林靖彦の公式ブログ

menu

小林靖彦'sブログ

ウソを見抜く方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。

THE 小林靖彦です。


あなたは

ウソを見抜くのが得意ですか?

苦手ですか?


ちなみに私。

“とある秘訣”を手に入れてから

かなり高確率で

見抜くことができるようになりました。



果たしてその方法は何なのか?



答えは簡単。

イージーです。

イージー小林ですよ( ・∇・)



ずばり!

相手の目線で見抜く、、です。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^



もうちょっと具体的にいうと

ハナシしている最中。


相手の目線が

右ナナメ上に動いたら

嘘の可能性が高いです。



あ、ちなみに

あなたから見たら

左ナナメ上に動いたら、、ですよ。



なぜかというと

“ウソ”というのは

“事実とは違うことを告げる”

ですよね?


つまり、新しい事実を”創る”必要があるんです。


、、となると

“創る”を担当する

“右脳”に意識が向く。


んでもって

その結果。


人間の目線は

ついつい考え事をする時

(ウソをつく時)

右ナナメ上に目線がいく、、です。

(右脳のほうに目線が動く)



ちょっと胸に手を当てて

考えてみると

「あっ!」

、、って

思い当たる人。

いるかもしれませんね。




で!ですね。

今日の私が

一体、何を伝えたいのか?というと、、



「嘘の産み抜き方を広めて
 嘘つきを撲滅しようぜ~」

みたいなことを

伝えたいわけじゃあないんです。



そもそもこのテクニック。


“テクニック”です。

“小手先”ですよ。

100%見抜けるわけじゃありません。


じゃ、何が伝えたいのか?

というと、、、


“本質”をつかまえよう!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
、、です。


つまりどういうことか?

というと、、


ウソをつく時に

目線が右ナナメ上に動くってのは

無意識の”行動”ですよね?


つまり、目線がナナメ上に動く、、の

より本質的な部分ってのは

“行動”なんです。


となると

もっと高確率で

ウソを見抜くのは

“行動を見る”、、です。



“行動を意識してみる”と

もっと高確率で見抜けるわけです。



たとえば、目の前の人物が

口ではキレイごとを

恥ずかしげもなく

べらべらと語りながらも、、


過去に、人を裏切ってきたり

人をバカにしたような態度をとっていたら

その人間は”高確率で嘘つき”です。


言葉はいくらでも作れるけど

“行動”ってのは、正直なんです。



つまり、行動をみるようにすると

ウソに騙されなくなる、、です。



いいかえると

小手先じゃなくって

本質をみるように意識すると

ウソに引っかかる確率を

ググン!と落とせる、、ってことなんです。


というわけで今日の結論。


“本質をみるべし”
^^^^^^^^^^^^^


目の前の事実に疑問を感じたら

抽象度を上げてみる。


より”本質”の部分を意識する。



文字、言葉よりも

行動をみるべし。



これを意識するだけで

ダマされる確率は

ググンと下がりますよ。


逆に、あなた自身が

ウソのない人物だと伝えるなら、、


信頼を勝ち取りたいなら、、、


行動を見せ続ける。


たとえば

「明日、またメールします」

、、と約束して

実際に、約束をはたす。


小さな約束でOKなので

繰り返し、繰り返し

繰り返し、繰り返し

約束をして

守り続けるべし。


その”行動”で伝えられる。


ぜひ、意識してみてくださいな



ほんじゃー、また。



あでぃおす。


From:小林靖彦

この記事を書いた人

小林靖彦
小林靖彦サクッと書いてボカンと売れるイージーライティングの専門家
コーチ、コンサル、セラピストなど一人起業家に、、商品・サービスの”真の価値”が伝わり、売上UPする”メッセージ”の書き方を教えています。
→ もっと詳しいプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事