小林靖彦の公式ブログ

menu

小林靖彦'sブログ

【悩み相談】カウンセラーに見放されました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

From: 小林靖彦
@横浜の事務所から


今日は悩み相談。

いきなりですが
とても切実なので質問させて下さい。

「カウンセラーさんて何の為にいるのでしょうか。」
「カウンセラーが見離す人はどう人でどうしたらよいのでしょうか」

実は、従兄弟が過去に5人のカウンセラーにかかったものの
「君は変わる気がない」とか「手に負えない」「私には力不足です」

など理由つけられ
2回?半年などのスパンで見放されてたようで
「カウンセラーにも見放されるなんてダメ人間だ。生きていけない」と生きる自信を失ってるようなんです

毎回カウンセラーに、前回のカウンセラーの話をすると「その人はプロではないですね。貴方は悪くないですよ」と言われて安心してカウンセリングをお願いするものの、結果そういう人にも見放されてきたようなのです。

直接ではなく親を介して聞いた話なので詳しことはわかりません。

こういう人はカウンセラーからみて
どういう人なのでしょうか

カウンセラーさんに見放される人は人間として生きる力がなく鬱を抱えたまま死んでいくしかないのでしょうか。

何かしてあげたいけど
プロのカウンセラーが見離した人を素人がかける言葉がみあたらず。。

<原文そのまま>

たしかに
イキナリの質問ですね^^;

日々、

おっ●い
う●こ
お●ちんちん
ケツ

など。

小学校低学年レベルの
世界に居る私。

その私に
質問してくるってことは、
よほど切実なのだと思います(汗)

がんばって、、

私なりに
私らしく
お答えしていきますね!

ポイントは2つ。

そのうちの1つめは、、
+————————+
「カウンセラーさんて
何の為にいるのでしょうか。」
+————————+

私はシンプルに
「相談相手」
だと思ってます。

実際、辞書で調べると
こういう答えが出てきます。
 ↓ ↓ ↓
+————————+
カウンセリングを職務とする人。
相談員。
+————————+
まんまですね^^;

で!
何のためにいるのか?

ってことですが、、

気分を悪くする人も
いるかもですが、、

純粋にプロの
「相談する相手」
だと思います。

ポイントは、、

「答えを出す人」ではなく
「相談する人」ってことですかね。

少し踏み込んで
補足するならば、、

「相談する」ってのは
必ずしも、答えを出したり
結果と直結してないってこと。

本人が考える過程を
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
サポートする人
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
だと思います。

では次っ!
+————————+
「カウンセラーが見離す人は
どう人でどうしたらよいのでしょうか」
+————————+
私はその従兄弟さんに
お会いしたことがありません。

話したこともありません。

ぶっちゃけ
よくわかりません^^;

相手のカウンセラーさんも
5人いるとのことですが、
誰一人わかりません。

だから何とも言えません。

ってのが
私の心からの本音。

でもですね。
+————————+
プロのカウンセラーが
見離した人を
素人がかける言葉がみあたらず。。
+————————+
 ↑
この質問には
答えられます。

答えはズバリ!

「何も言わなくて良い」
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
です。

その代わり、、

近くに居てあげるのが
良いと思います。

でも、物理的に一緒に居るのが
難しいかもしれません。

そんな時は、、

◆こまめに連絡する。
◆LINEする。
◆時々、顔を合わせて
たわいもない話しをする。

これで良いと思います。

なぜなら、、

哀しいか
残念か
幸いなのかはわかりませんが、、

誰も、他人を変えることは
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
出来ないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
出来たとしても
かなぁ~り難しいことだから。

例えるならば、、

私が、今からカリン塔を探して
最上階まで上りきり、、

カリン様に会って
聖水ゲットするぐらい
難しいことです。

(ドラゴンボール読者以外は
意味不明な説明ですが、、^^;)

だからそばに居て
あげるだけで良いと思います。

私なら
そうします。


あでぃおす。



From: 小林靖彦

この記事を書いた人

小林靖彦
小林靖彦サクッと書いてボカンと売れるイージーライティングの専門家
コーチ、コンサル、セラピストなど一人起業家に、、商品・サービスの”真の価値”が伝わり、売上UPする”メッセージ”の書き方を教えています。
→ もっと詳しいプロフィールはコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事